カップケーキ?男性がついつい好きになってしまう女性のタイプは「女らしさ」を感じさせる女性です。
逆に女性は「男らしい」男性にキュンキュンするのではないでしょうか。
女性たちが望んでいる「男らしさ」を持っている男性ならば、女性は好きになってしまいます。
「男らしさ」は恋愛する際の第一条件と考えてもいいでしょう。
――では、女性はいったいどんなところに「男らしさ」を感じるのでしょうか?
これについては、女性によって個人差があるでしょうから「これが男らしい条件だ!」と断定することは不可能です。
外見から男らしさを感じることもあるだろうし、行動力が素晴らしくて「男らしい」と思うこともあるでしょう。
「行動力に優れている」とか「決断力に優れている」というのは男らしいと言えます。
「小さなことには全くこだわらない」――こういった何でも受け入れてしまう心の寛容さも「男らしい」要素です。
注意したいのは、自分の勝手な解釈で「これが、男らしさだ!」という行動をとってしまうことで、その典型例が<強引さ>です。
「男は女を引っ張っていくもの」だと勝手に思い込んで自分の行動を押しつけるタイプですが、これは女性目線からみると「男らしいのではなくて、自分勝手な人間」と映ってしまいます。
自分勝手なタイプは好かれるどころか完全にスルーされてしまうでしょう。
自分勝手な行動を女性を引っ張ることは正反対の行動なのです。

雪の華好きな男性と恋愛関係になりたい――そう考えたら女性は男性が好んでいるタイプの女性になりたいという風におもいがちです。
男性に合わせてしまうことに少なからずなってしまうようです。
好きな男性と話を合わせたいからといって、自分の趣味や好みは押さえて相手の趣味を自分の趣味としてとらえる場合もあります。
バイクが好きな男性に合わせて、全く知識がないバイクを好きだと言ってみたりします。
彼氏が「いいなぁ!」といったファッションも自分には似合わないと思っていてもその彼の好きなファッションにしたりするんです。
共通の趣味や話題があれば話は盛り上がるでしょう。
楽しい関係になるのは否定しません。
けれども無理な行動をしているとあなたは疲弊してしまいます。
いつかそういった見せかけの恋愛関係は長くは続きません。
特に恋愛関係を長く続かせようとするならば無理は禁物です。
彼が好きなファッションでも、あなたに似合わなければ意味がありません。
相手に合わすために自分を殺す必要はありません。
自分自身をさらけだして相手に好かれるような行動をとったほうが幸せなんです。
無理をしていても長い恋愛は期待できませんし、どこかで気持ちがすれ違ってしまいます。

ハート男性の最大のウイークポイントは<褒められること>だ。
男性はどちらかというと女性よりは単純にできているから、「おだてられる」とか「褒められる」ことをされるとすぐに真に受けてしまって本気にする傾向が強い。
男女の恋愛関係でも同じ法則が応用できるのである。
女性は男性をきちんと褒めることによって、その気にさせて自在にコントロールすることができるようになる。
「僕をきちんと褒めてくれるということは、しっかりと見てくれている証拠だ」と、自分のことを完璧に理解してくえると認識するようになるわけだ。
なんでもかんでも褒めれば良いのではないので、女性は男性の褒め方に注意をしてほしい。
「今日はヘアスタイルがバッチリだね」とか「本当に格好いいね」なんて外見を褒めても男性の気持ちが揺れることはほとんどない。
女性と違って男性が褒めてほしいのは容姿やスタイルではないのだ。
恋愛対象の男性がルックスに自信を持っていないならば見た目を褒める方法のあるだろうが、もっと上手に男性を褒める術があるのだ。
それは男性が持っている能力とか役に立っている部分をキチンと説明して褒めることだ。
「なんでこんなに早く仕事の処理ができるのがビックリ!」なんてフレーズでも褒めるだけで驚くほど喜ぶだろう。